スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hyper→Highspeed→Genius 感想

うぃんどみるの作品は昔はぴねすをしたことがあるだけでこれが二作目だったかな。

萌えゲー、特に姫乃がかわいかったです。以上。
最初は絵の珍しさに惹かれたのか多くのキャラに愛着あったんだけど気づけばなんかみんな普通って感じになってた。
止めはしないけど特にオススメするほどでもない、そんな作品でした。
スポンサーサイト

神咒神威神楽 感想

ひさびさに少し更新

神咒神威神楽は正田崇作品の世界観を描いた作品といった感じ。
だから他の作品プレイ済みじゃないとまずついていけないと思われる。
とくにDies iraeのプレイは必須といってもいい。
んでそのプレイ済みの私の感想だけど、世界観の説明をする作品って感じだった。
Dies iraeの祝詞とかすごいカッコイイのに作品の都合なんだろうけど全部ごにょごにょになってて今ひとつ感がすごい。逆にDies iraeをやり直したくはなったけどねw
Dies iraeをやったあとにあまり間隔をあけずプレイする分にはオススメという程度の作品だったかな。
面倒だから感想これだけ!

EXTRAVAGANZA ~蟲愛でる少女~ 感想

コンプしました。ブサイク作品の二作目。
すごく久しぶりに良作を見つけた気分ですね。まぁ古い作品なんですけど。
この作品のテーマは「家族愛」で涙が止まらないとかそういうわけではないんですけど、心が暖まりつつうるうるさせつつニコニコしつつと非常にすばらしい作品でした。
ユーリアENDやアゲハENDはすごく心にくるものがあったし、たまに散らばってる「家族愛」の部分も心があっためてくれて楽しくプレイできました。
登場するキャラクターもみんな魅力的なんですよね!!すごくきもいのもいたりするけどw
例えば三下こと煉梧(笑)君とかねw
私が好きなのをあげるとするならば、まず悪役の中の悪役 Dr.Westこと西先生ですねえ。
なんといってもすごく悪役でもうなんというか悪役なんです、こういうキャラクター私大好きなんだよねえw
是非みんなにも西先生の事をよくしってほしいぜ・・・・。
次に萌えキャラこと綾佳ちゃん!基本ロリコンなのもあるけど綾佳ちゃんすごくかわいいよw
口調もかなりツボだったし。一番萌えたキャラかなぁ。
そしてなんといっても忘れちゃいけない刻凍る果ての獣魔こと蟲くん!なんとこの蟲君は公式人気投票で1位です。いやー、でもすごくいい子なんだよねー蟲くん。私も大好き。このゲームは蟲くんいないと始まらないしね(笑)もうほんとにすっごくかわいいし、それに最後の方ではすっごくカッコイイ!ほんと、このこには惚れました。

以上感想でした。
とは言いましたけど、このゲームグロ・陵辱ゲーなんでね。
どのくらいのレベルかというと、和姦シーンはテキスト数行しかありません。
ついでにそのテキスト自体も片手で数えるくらいしかなかった気がする。
対して陵辱シーンというかグロシーンというかは50は超えてるはず。
つまりなにがいいたいかというと、グロ・陵辱に耐性のない人にはお勧めできない。
そういうシーンを飛ばせばいいやと思ってるならそれは楽しめないからやめたほうがいい。
逆にそういうのは平気だよって人にはオススメしたい作品です。
是非是非プレイしてみてください。

MinDeaD BlooD 感想

初のブサイク作品をやってみました。
ネットでの評価の割りには微妙でした。
あくまでシナリオも楽しめる「抜きゲー」という感じ。
抜きゲーとしては魅せてくれる演出とかシナリオだったけど通常のエロゲーにはシナリオ部分では及ばなかった・・・・そういうことです。
とりあえず一作でブサイクの評価決めるのもあれなんで、EXTRAVAGANZAをやってみるかな。
シミュレーション部分がMinDeaD BlooDの評価を下げる一因になってた気がするので、可視フローチャート方式のEXTRAVAGANZAには少し期待させてもらおーかな。

Vermilion -Bind of Blood- 感想

来月lightの新作がでるみたいなのでならばその前にやっておかないとだろうと思いやってみました。
単純に燃える演出とかそういうのを考えるなら85点はある。
流石のlightの作品だけはある。
特に熱いのは口上というか祝詞というか、ようするに各キャラ毎に能力的な物があるんですがそれを発動するときの台詞が一々カッコイイ。ただし超厨二病なので嫌いな人は注意ね!
私は厨二病大好きな人なので自分で口ずさみつつプレイしてました。
いいよね!カッコイイよね!「ノスフェラトゥ」とかやばい 語感的にツボです。
あと脇役もすごい。アイザックは元より、爺もカッケー!ヒロインくっちゃってますからね 存在感的に。
まぁ逆にヒロインが脇役のせいで存在感の薄さが半端ない。
そこが欠点。萌えとかこれっぽっちも期待しないほうがいいよ。
んでここが又問題なんだけど、個人的に誰かを守るっていうのは燃えという観点において重要なファクターだと思うんですよ。
だからヒロインが薄いっていう事はそういうわけで・・・・・。
あとDies iraeに比べてスピード感がちょっと落ちてるかな・・・・ないよりはましなんだけど。
そんなこんなで全体的に見て点数をつけるなら70点台まで落ちる。
爺とかアイザックとか祝詞とかかっこいい要素はいっぱいあったんだけど、その要素はlight作品としての要素だからいままでプレイしたlight作品に比べると相対的に評価は落ちざるおえない。
ということで来月発売の新作に期待をよせつつ次の積みゲーへと移行する私であった。
プロフィール

アウネーテ

Author:アウネーテ
ぽよ!

プレイ中の(?)ゲーム
☆C9(ポーツ鯖だっけ)
☆FEZ(F鯖)

主な過去にプレイしていたゲーム
☆エランシア
・かめはめ波の人の漢字違いの人
☆メイプルストーリー
☆サドン・アタック
☆Master of Epic
☆大航海時代

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。